コロナウィルス感染状況、見やすいグラフおよびデータ一覧

COVID-19感染状況、見やすいグラフやデータ一覧の備忘録

国内グラフ

東洋経済新報社
新型コロナウイルス 国内感染の状況
https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/

東京都
都内の最新感染動向 | 東京都 新型コロナウイルス感染症対策サイト
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

神奈川県
県内の最新感染動向 | 神奈川県 新型コロナウイルス感染症対策サイト
https://www.pref.kanagawa.jp/osirase/1369/

中京テレビNEWS
【新型コロナウイルス】東海3県への影響 :
https://www.ctv.co.jp/covid-19/

大阪府
大阪府の最新感染動向 | 大阪府 新型コロナウイルス感染症対策サイト
https://covid19-osaka.info/

北海道
新型コロナウイルス感染者情報のグラフ | 総合政策部情報統計局情報政策課
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/jsk/opendata/covid19.htm

NHK NEWS WEB
都道府県別の感染者数|特設サイト 新型コロナウイルス|
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/

全世界グラフ

The New York Times
Coronavirus Deaths by U.S. State and Country Over Time: Daily Tracker
https://www.nytimes.com/interactive/2020/03/21/upshot/coronavirus-deaths-by-country.html

札幌医科大学
人口あたりの新型コロナウイルス死者数の推移(国別)
https://web.sapmed.ac.jp/canmol/coronavirus/death.html

外務省
海外安全ホームページ|各国・地域における新型コロナウイルスの感染状況
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/country_count.html

WHO
Coronavirus disease (COVID-19) Situation Dashboard
https://who.sprinklr.com/

Johns Hopkins University
Coronavirus COVID-19 (2019-nCoV)
https://www.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6

国際都市

New York
COVID-19: Data – NYC Health
https://www1.nyc.gov/site/doh/covid/covid-19-data.page

全世界データ

WHO
Situation reports
https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/situation-reports/

Coronavirus Update (Live) from COVID-19 Virus Outbreak – Worldometer
https://www.worldometers.info/coronavirus/

米国CDC
Cases in U.S.
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/cases-updates/cases-in-us.html

いま君に伝えたいお金の話


いま君に伝えたいお金の話 (幻冬舎単行本)

ひょんなことより面白い後輩に株のことを聞いたらば、中高生のお子さんに株の勉強をさせて、実際に投資をしているとのこと。

imakimi.jp -子どもの投資教育・実体験プロジェクト-(村上世彰のお金の教育・村上財団)
https://imakimi.jp/

少し驚いたが、村上世彰さんは堀江貴文さんの事件のときに耳にしたことがあり、お金の教育は自分も受けてこなかったという思いもあり、3連休の最後の数時間を使って読んでみた。

正直なところ、何か目が覚めるようなことは無かったが、それは自分が社会に出て30年間色々見聞きして知ったことであり、子供が読んだらどう思うのか少し聞いてみたいとも思った。

★★★☆☆

p.64 実践編 食事代当てゲーム

p.71 作家の村上龍さんが書いた「13歳のハローワーク」という本で、まえがきにはこんなふうにあります。

p.115 少し難しくなるからここでは詳しく書かないけど、7年間、自分のミッションとファンドマネージャーとしての成功で苦しんだことや、ファンドマネージャーをやめた理由は、「生涯投資家」(文藝春秋)という僕の本に書きました。君がもう少し大きくなったらぜひ読んでもらいたい。

p.137 〈番外編〉期待値を上げるためのレッスン〈じゃんけんゲーム〉〈31ゲーム〉〈七並べ〉

ラグビーワールドカップ2019日本対アイルランド

滅多に出来ないが、生中継で見ることが出来た。幸せすぎる。本当に奇跡ではなく、日本は強い。そしてラグビーの内容が素晴らしい。日本のメディアはともかく、ラグビー本場の国々のメディア、そして本場のラグビー選手のコメントがそれを物語っている。

国力総体として上がって下がり傾向になった時点で、二次的効果として現れるスポーツはタイムラグを経て上昇することが一般論なのかと思ってしまうほど、日本のスポーツは今、素晴らしい。学生だった時代から30年経ち、特にサッカー、ラグビーの国レベルでの飛躍的な向上、世界柔道がまた日本柔道の心を取り戻すなど、スポーツという面では心躍ることが本当に多い。ありがとう!

HIGHLIGHTS: Japan v Ireland – Rugby World Cup 2019 – YouTube

Japan stun Ireland to pull off another famous Rugby World Cup upset | Sport | The Guardian

https://www.theguardian.com/sport/2019/sep/28/japan-ireland-rugby-world-cup-match-report

The question was whether Japan could sustain such pace and skill. The answer was a resounding yes. It was to Ireland’s credit that, although they became stretched and their defending became more frantic, they did not snap. Some of the home side’s play was so thrillingly inventive and skilfully executed that there was nothing tier two about them. They looked like a side that belonged at least in the quarter-finals and it would be sweet justice for them if they made it their at the expense of Scotland, who more than any other of the Six Nations ensured that World Rugby’s Nations League, which would have provided a pathway for emerging nations, failed at the planning stage. The teams meet in their final pool game, on 13 October.

Japan 19-12 Ireland: Rugby World Cup 2019 – as it happened | Sport | The Guardian

https://www.theguardian.com/sport/live/2019/sep/28/japan-v-ireland-rugby-world-cup-2019-live

Sensation of Shizuoka: Japan shock Ireland with another historic Rugby World Cup upset

https://www.telegraph.co.uk/rugby-world-cup/2019/09/28/rugby-world-cup-2019-japan-vs-ireland-live-score-latest-updates/

11:03am Rugby’s Giant Slayers 
Japan now have the top two biggest upsets in rugby’s history to their name, first South Africa and now Ireland. Is green just their colour? 
Giant Slaying Specialists, who’s to say how far they’ll go in this Rugby World Cup?

Japan 19-12 Ireland: Dazzling display gives hosts shock victory – BBC Sport

https://www.bbc.com/sport/rugby-union/49849736

This was not a result borne of Irish indiscipline or stage fright, but of a truly stunning Japanese performance in front of a cacophonous crowd that lifted their side with a stunning noise that greeted every metre gained, tackle made and turnover won.

Japan vs Ireland – Rugby World Cup 2019: As it happened in Shizouka | Daily Mail Online

https://www.dailymail.co.uk/sport/rugbyunion/article-7514581/Japan-vs-Ireland-Rugby-World-Cup-2019-Live-score-updates-Japan.html

Rugby World Cup: Japan’s rising sons leave Ireland under a cloud

https://www.irishtimes.com/sport/rugby/international/rugby-world-cup-japan-s-rising-sons-leave-ireland-under-a-cloud-1.4033975

マスターズリーグでフランカーをやっている人がべた褒め。

Japan v Ireland Rugby World Cup Post Match Reaction – YouTube

“Superbly fit”を繰り返している(この理由に日本の文化を挙げているところが面白い)
“Rugbyはこのように戦われるべきという様に戦った。エラーを最小化するのではなく、チャンスを最大化するように、負ける恐れではなく勝つ勇気を抱きながら、日本チームは戦っていた”
“スーパーラグビーから人を引き上げて代表チームでずっと練習したこと、このWorld Cupにかける日本の意気込み、全てが良いことであった”
“1995年には100対0以上の大差でオールブラックスに負けた日本が、20年後にあのアイルランドに勝った、、、(このコメント後の無言がこの偉業を評価してくれている)”
“アイルランドのスクラムを少なくとも一度壊したのは本当に本当に驚きで、、、”

WOW! | JAPAN v IRELAND | Review | Rugby World Cup 2019 – YouTube

Japan vs Ireland RECAP | Rugby World Cup 2019 – YouTube

父の残した傘

人ってアリみたいだな。一人ひとりの力は弱く、他愛もないことで息絶えていく。しかし総体として色々なことを成し遂げる。そしてその総体は間違いなく一人ひとりから成っている。一人ひとりが無くては総体は存在しない。目に見えるものは総体であり、一人ひとりの影響力がどこにどう及ぼしてそうなるのか判然としない。それでもなお、一人ひとりが無くては総体が無いのは自明である。それにしても一人ひとりの弱いこと。一人ひとりに及ぼす人生の波風のむごいこと、無慈悲なこと、理不尽なこと。それでもその総体の成し遂げた膨大な歴史の上に立って今自分は幸せを享受している。自らもその一人であることの認識をするとき、虚しさと希望の狭間をひたすら生き抜くこと、次世代も恐らくそうであろうことが頭をよぎる。そして皆ができる限り幸せな時間を過ごせるよう祈る。祈る。

docker-composeでwordpressをローカルに最速リストア(22分,Windows)

データのバックアップ

wordpress.sql(SQLダンプファイル)はBackWPupのプラグインの1クリックバックアップで、wp-contentフォルダはftpなどでローカルの適当な所に取得しておく。(4分)

PS C:\Users\tosh> cd .\Downloads\
PS C:\Users\tosh\Downloads> ls
    ディレクトリ: C:\Users\tosh\Downloads
Mode                LastWriteTime         Length Name
----                -------------         ------ ----
d-----       2018/02/18     14:16                wp-content
-a----       2018/02/18     14:13        1337244 wordpress.sql

Docker for Windowsのインストール

Install Docker for Windows | Docker Documentation
よりdockerをインストールする。一度ログアウトさせられ、更に再起動する。(6分)

docker-compose.ymlの作成

[windows]キー+[R]にて”powershell”と入力し、powershellを起動する。ローカル環境用のフォルダを作成する。下記では”aronaswp”だが、フォルダ名は何でもOK。

PS C:\Users\tosh\Downloads> cd ..
PS C:\Users\tosh> mkdir aronaswp/db-data
PS C:\Users\tosh> cd aronaswp
PS C:\Users\tosh\aronaswp> ni -type file docker-compose.yml
PS C:\Users\tosh\aronaswp> ii docker-compose.yml

ノートパッドでdocker-compose.ymlを開き、下記をコピペして保存。(2分)

version: "2"
services:
  mysql:
    image: mysql:latest
    environment:
      - MYSQL_ROOT_USER=root
      - MYSQL_ROOT_PASSWORD=root
      - MYSQL_DATABASE=wordpress
      - MYSQL_USER=wp_user
      - MYSQL_PASSWORD=root
    volumes:
      - db-data:/var/lib/mysql
      - ./db-data:/docker-entrypoint-initdb.d
    restart: always
    ports:
      - 3306:80

  wordpress:
    image: wordpress:latest
    ports:
      - 8888:80
    depends_on:
      - mysql
    links:
      - mysql
      - phpmyadmin
    environment:
      - WORDPRESS_DB_HOST=mysql:3306
      - WORDPRESS_DB_NAME=wordpress
      - WORDPRESS_DB_USER=wp_user
      - WORDPRESS_DB_PASSWORD=root
    volumes:
      - ./wp:/var/www/html/
    restart: always

  phpmyadmin:
    image: phpmyadmin/phpmyadmin
    environment:
      - PMA_ARBITRARY=1
      - PMA_HOST=mysql
      - PMA_USER=root
      - PMA_PASSWORD=root
    links:
      - mysql
    ports:
      - 8080:80
    volumes:
      - /sessions
    restart: always

volumes:
  db-data:
    driver: local

ローカル環境の立ち上げ

フォルダを開いてwordpress.sqlを移動する

PS C:\Users\tosh\aronaswp> cp ..\Downloads\wordpress.sql .\db-data\
PS C:\Users\tosh\aronaswp> tree . /f
フォルダー パスの一覧
ボリューム シリアル番号は 00000028 AE0F:1A50 です
C:\USERS\TOSH\ARONASWP
│  docker-compose.yml
│
└─db-data
        wordpress.sql

docker-composeを走らせる

PS C:\Users\tosh\aronaswp> docker-compose up -d

途中でcドライブをシェアしますか、Firewallでのアクセス許可しますか、など質問が来るので全てyesと答える(4分)
下記のエラーが出る場合にはDockerでpullやrunを行ったときイメージダウンロードができなくなった問題の解決法 – 佐藤の屋敷に沿って、DNSサーバーを固定すると上手くいく。

PS C:\Users\tosh\aronaswp> docker-compose up -d
Pulling mysql (mysql:latest)...
ERROR: Get https://registry-1.docker.io/v2/: net/http: request canceled while waiting for connection (Client.Timeout exceeded while awaiting headers)

メディアファイル・テーマ・プラグインなどのリストア

wp-contentフォルダを上記のwpフォルダ内にコピーする。(1分)

PS C:\Users\tosh\aronaswp> cp ..\Downloads\wp-content\ .\wp\

ドメイン名の書き換え

「WordPress の引越し – WordPress Codex 日本語版」にて推奨されている「WordPressデータベース用検索と置換スクリプト」を下記よりダウンロード
Database Search and Replace Script in PHP | interconnect/it
下記のように”wp”フォルダの直下に解凍してできた”Search-Replace-DB-master”フォルダを移動する。

PS C:\Users\tosh\aronaswp> cp ..\Downloads\Search-Replace-DB-3-1-0-emaildownloads\Search-Replace-DB-master\ .\wp\

http://localhost:8888/Search-Replace-DB-master/にアクセスする。

元のドメインが”example.com”で”WordPress”というサブディレクトリにインストールされていた場合は
replace [example.com/WordPress] with [localhost:8888]と指定して、[live run]をクリックして変換。更に
replace [example.com] with [localhost:8888]と指定して、[live run]をクリックして変換。
ルートディレクトリにインストールされていた場合は2つ目の変換だけでOK(5分)

これでhttp://localhost:8888/にリストア完了。ここまで合計22分。
* Macでの同じ操作。

docker-composeでwordpressをローカルに最速リストア(15分,Mac)

データのバックアップ

wordpress.sql(SQLダンプファイル)とwp-contentフォルダをサーバーよりローカルの適当な所にコピーする
wordpress.sqlはBackWPupプラグインの1クリックバックアップで、wp-contentフォルダはftpなどで取得しておく。(1分)

Docker for Macのインストール

Install Docker for Mac | Docker Documentation
dockerを起動。初回のみMacのログインパスワードを聞かれる(1分)

docker-compose.ymlの作成

「docker-composeで作るWordpress環境 – Qiita」を参考にテキストエディタでdocker-compose.ymlを下記のように作成する。(1分)

version: "2"
services:
  mysql:
    image: mysql:latest
    environment:
      - MYSQL_ROOT_USER=root
      - MYSQL_ROOT_PASSWORD=root
      - MYSQL_DATABASE=wordpress
      - MYSQL_USER=wp_user
      - MYSQL_PASSWORD=root
    volumes:
      - db-data:/var/lib/mysql
      - ./db-data:/docker-entrypoint-initdb.d
    restart: always
    ports:
      - 3306:80

  wordpress:
    image: wordpress:latest
    ports:
      - 8888:80
    depends_on:
      - mysql
    links:
      - mysql
      - phpmyadmin
    environment:
      - WORDPRESS_DB_HOST=mysql:3306
      - WORDPRESS_DB_NAME=wordpress
      - WORDPRESS_DB_USER=wp_user
      - WORDPRESS_DB_PASSWORD=root
    volumes:
      - ./wp:/var/www/html/
    restart: always

  phpmyadmin:
    image: phpmyadmin/phpmyadmin
    environment:
      - PMA_ARBITRARY=1
      - PMA_HOST=mysql
      - PMA_USER=root
      - PMA_PASSWORD=root
    links:
      - mysql
    ports:
      - 8080:80
    volumes:
      - /sessions
    restart: always

volumes:
  db-data:
    driver: local

ローカル環境の立ち上げ

ローカル環境用のフォルダを作成する。下記では”aronaswp”だが、フォルダ名は何でもOK。

$ mkdir aronaswp
$ mkdir aronaswp/db-data

wordpress.sqlとdocker-compose.ymlをコピー又は移動する。下記のようになるはず。

$ tree aronaswp
aronaswp/
├── db-data
│   └── wordpress.sql
└── docker-compose.yml

ローカル環境用のフォルダに移動して、docker-composeを走らせる

$ cd aronaswp
$ docker-compose up -d

コンパイルが終わって立ち上がると下記のようにフォルダが出来ている。(6分)

$ tree . -L 2
.
├── db-data
│   └── wordpress.sql
├── docker-compose.yml
└── wp
    ├── index.php
    ├── license.txt
    ├── readme.html
    ├── wp-activate.php
    ├── wp-admin
    ├── wp-blog-header.php
    ├── wp-comments-post.php
    ├── wp-config-sample.php
    ├── wp-config.php
    ├── wp-content
    ├── wp-cron.php
    ├── wp-includes
    ├── wp-links-opml.php
    ├── wp-load.php
    ├── wp-login.php
    ├── wp-mail.php
    ├── wp-settings.php
    ├── wp-signup.php
    ├── wp-trackback.php
    └── xmlrpc.php

メディアファイル・テーマ・プラグインなどのリストア

wp-contentフォルダを上記のwpフォルダ内に上書きコピーする。(1分)

ドメイン名の書き換え

「WordPress の引越し – WordPress Codex 日本語版」にて推奨されている「WordPressデータベース用検索と置換スクリプト」を下記よりダウンロード
Database Search and Replace Script in PHP | interconnect/it
下記のように”wp”フォルダの直下に解凍した”Search-Replace-DB-master”フォルダを移動する。

aronaswp
├── db-data
│   └── wordpress.sql
├── docker-compose.yml
└── wp
    ├── Search-Replace-DB-master
    ├── index.php
    ├── license.txt
(以下略)

http://localhost:8888/Search-Replace-DB-master/にアクセス

元のドメインが”example.com”だった場合は上記のように変換先を”localhost:8888″に指定して、”live run”をクリックして変換。
元のwordpressがサブディレクトリ”path”にインストールされていた場合は下記のように先にpath付きで置換した後に、上記のようにドメインのみの部分を置換する。(5分)

http://localhost:8888/にリストア完了。ここまで合計15分。

確認・その他

http://localhost:8888/wp-admin
でダッシュボードに入って、プラグインを有効化したり、アップデートがあれば行う。
ローカルの環境(buildしたcontainer)を保存したままサービス停止するのは

$ docker-compose down

やり直すためにbuildしたcontainerを停止した上に削除するには

$ docker-compose down -v

バックグラウンド(daemon)ではなく、ログを出力させながらdocker-composeさせるには

$ docker-compose up

http://localhost:8080でphpMyAdminにてDB内容の確認可能。
treeコマンドは必要あればhomebrewでインストール

$ brew install tree

以上。

Vagrantでwordpress

目的:オンラインのWordpressがクラックされた時に速やかに復旧したい
副目的:何度でも気軽に環境再構築したい

Vagrantをインストール。現時点ではv.1.7.2
VirtualBoxをインストール。現時点ではv4.3.6

$ sudo vagrant plugin install sahara

saharaのインストールでエラーが出たのでこちらにしたがって

$ xcode-select --install
$ sudo xcodebuild -license
$ sudo vagrant plugin install sahara
$ vagrant box add --name CentOS-6.6-x86_64-minimal-ja-20150531 ~/centos66-20150531.box
$ cd ~/SaitoToshiki.com
$ mkdir centos66
$ cd centos66/
$ vagrant init
$ vi Vagrantfile

作成されたVagrantfileの内容を下記に書き変える

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

Vagrant.configure(2) do |config|
  config.vm.box = "CentOS-6.6-x86_64-minimal-ja-20150531"
  config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
  config.vm.provision "shell", inline: <<-SHELL
    yum -y update --enablerepo=rpmforge,epel,remi,remi-php55
    yum -y install --enablerepo=remi,remi-php55 httpd mysql-server php php-mysql php-mbstring php-gd phpMyAdmin gd-last ImageMagick-last
    cd /var/www/html
    curl -LO http://ja.wordpress.org/latest-ja.tar.gz
    tar xvzf latest-ja.tar.gz
    cd /var/www/html/wordpress/
    cp wp-config-sample.php wp-config.php
    chown -R apache:apache /var/www/html/wordpress
    chkconfig mysqld on
    service mysqld start
  SHELL
end

実際には作ってあったファイルをコピー

$ cp ../centos66/Vagrantfile .
$ vagrant up

一気にインストールされて感動。
ここでsnapshotを取り、設定を開始

$ vagrant sandbox on
$ vagrant ssh
[vagrant@centos66 ~]$ mysql_secure_installation

最初のパスワード入力は不要。途中rootのパスワードだけ設定して、後はひたすらEnterをおす。パスワードを”123ABC”としたとすると下記の様にデータベースを作成し、suでスーパーユーザーになって設定ファイルを作る。

[vagrant@centos66 ~]$ mysql -u root -p123ABC
mysql> create database wordpress;
mysql> grant all privileges on wordpress.* to wordpress@localhost identified by 'wordpress';
mysql> quit;
[vagrant@centos66 ~]$ su -
[root@centos66 ~]# vi /var/www/html/wordpress/wp-config.php
[root@centos66 ~]# vi /etc/httpd/conf.d/wordpress.conf
[root@centos66 ~]# vi /etc/httpd/conf.d/phpMyAdmin.conf

wp-config.phpのID/PWは全て’wordpress’に。

wordpress.confは下記の内容をペースト

<Directory /var/www/html/wordpress>
  AllowOverride ALL
</Directory>

phpMyAdmin.confは最初から2つのDeny from Allをコメントアウト

[root@centos66 ~]# chkconfig httpd on
[root@centos66 ~]# service httpd start

http://192.168.33.10/wordpress/
にアクセスするとインストーラが起動、指示通り入力したらインストール完了

http://192.168.33.10/phpmyadmin/
root,123ABCでログイン

全てのテーブルを選んで削除
インポート を選んでwordpressをphpMyAdminよりバックアップしてあったDBファイル、xxx.sql.zip(463kB)を選んでインポート
wp_options > siteurlとhome を’http://192.168.33.10/wordpress’に変更

Appearances > ThemesのテーマをTwenty Fourteenにする
これで昔のエントリーを見ることが出来るようになる

幅がやけに狭いので子テーマ(style.css, functions.php)を作成して横幅いっぱいに使うようにする。

[root@centos66 ~]# cd /var/www/html/wordpress/wp-content/themes/
[root@centos66 themes]# mkdir twentyfourteen-child
[root@centos66 twentyfourteen-child]# vi style.css
[root@centos66 twentyfourteen-child]# vi functions.php

style.css

/*
 Theme Name:     Twenty Fourteen Child
 Description:    Make use of full width page templates in the Twenty Fourteen theme
 Author:         Toshiki I. Saito
 Author URI:     http://www.saitotoshiki.com
 Template:       twentyfourteen
 Version:        1.0
*/

.site-content .entry-header,
.site-content .entry-content,
.site-content .entry-summary,
.site-content .entry-meta,
.page-content {
	margin: 0 auto;
	max-width: 100%;
}

.full-width .site-content .page .entry-header,
.full-width .site-content .page .entry-content,
.full-width .site-content .page .entry-summary,
.full-width .site-content .page .entry-meta {
        max-width: 100%;
}

.post-navigation,
.image-navigation {
        margin: 24px auto 48px;
        max-width: 100%;
        padding: 0 10px;
}

.archive-header,
.page-header {
        margin: 24px auto;
        max-width: 100%;
}

.contributor-info {
        margin: 0 auto;
        max-width: 100%;
}

.comments-area {
        margin: 48px auto;
        max-width: 100%;
        padding: 0 10px;
}

/*This section sets page to 100% width */
.site {
	background-color: #fff;
	max-width: 100%;
	position: relative;
}

/*This section sets page header to 100% width */
.site-header {
	background-color: #000;
	max-width: 100%;
	position: relative;
	width: 100%;
	z-index: 4;
}

functions.php

<?php
add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'theme_enqueue_styles' );
function theme_enqueue_styles() {
    wp_enqueue_style( 'parent-style', get_template_directory_uri() . '/style.css' );
}

テーマからTwenty Fourteen Childを選んで終了!

CentOS minimalのVagrant Box

目的:Vagrantで使うminimalなvagrant boxを自分で準備したい
参考リンク:CentOS 6.5 x86_64 minimalのVagrant boxを作ってみた

MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013), OS X Yosemite Version 10.10.3
Vagrantをインストール。現時点ではv.1.7.2
VirtualBoxをインストール。現時点ではv4.3.22

CentOS公式サイトよりCentOS 7ではなく枯れているCentOS 6.6を選択。リンクを辿ってCentOS-6.6-x86_64-minimal.iso (383MB) をdownload

仮想マシンの作成

Virtual Boxを起動
Machine > New… をメニューから選択。以下(default)と記載のある部分はそのまま

Name: CentOS66
Type: Linux (default)
Version: Red Hat (64bit) (default)

Memory Size: 1024MB

Creat a virtual hard drive now (default)
VDI (default)
Dynamically allocated (default)
8GB (default)

Start アイコンをクリック
ダウンロードしたCentOS-6.6-x86_64-minimal.isoを指定

Install or upgrade an existing system (default)
Skip (media test)
* skipしないとisoファイルがejectされた状態になる。その場合isoファイルを右下のアイコンからmountしなおせばOK

インストール中の表示言語を選択:Japanese (日本語)を選択
このシステム用の適切なキーボードを選択:英語(アメリカ合衆国)を選択(使っているキーボードが英語版のため)
* キーボードの選択を誤った場合は後からここに沿って
vi /etc/sysconfig/keyboard して

KEYTABLE="jp106"
MODEL="jp106"
LAYOUT="jp"

KEYTABLE="us"
MODEL="pc105+inet"
LAYOUT="us"

に変更

基本ストレージデバイス (default)
アラートが出たら「はい。含まれていません。どのようなデータであっても破壊して下さい」を選択
ホスト名:centos66
アジア/東京 (default)
rootパスワード:[大切なので忘れないように]
「すべての領域を選択する」を選択
アラートが出たら「変更をディスクに書き込む(W)」を選択
インストールが終了するので、指示通り再起動し、rootでログイン

ネットワークの有効化

# vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0
- ONBOOT=no
+ ONBOOT=yes
# reboot

Mac(ホスト)から操作可能に

一時的にsshでホストコンピュータからログイン出来るようにする
Machine > Settings… をメニューから選択
Networkをクリック
Adapter 1 (default)
Port Forwardingをクリック
右上の+アイコンをクリック
Host Port 2222, Guest Port 22のみを入力、警告メッセージがでるがそのままOKをクリック

Macのターミナル(Terminal or iTerm2)を開いてsshでログイン

$ ssh localhost -p 2222 -l root

確認メッセージがでるのでyesとタイプして進め、先ほどのrootのログインパスワードでログイン

-bash: warning: setlocale: LC_CTYPE: cannot change locale (UTF-8): そのようなファイルやディレクトリはありません
[root@centos66 ~]#

と表示される。後々メッセージが文字化けするのでロケールファイルの設定をする。

[root@centos66 ~]# vi /etc/sysconfig/i18n
#locale
LC_CTYPE="ja_JP.utf8"
LANG=ja_JP.utf8
LC_CTYPE=ja_JP.utf8
LC_NUMERIC="ja_JP.utf8"
LC_TIME="ja_JP.utf8"
LC_COLLATE="ja_JP.utf8"
LC_MONETARY="ja_JP.utf8"
LC_MESSAGES="ja_JP.utf8"
LC_PAPER="ja_JP.utf8"
LC_NAME="ja_JP.utf8"
LC_ADDRESS="ja_JP.utf8"
LC_TELEPHONE="ja_JP.utf8"
LC_MEASUREMENT="ja_JP.utf8"
LC_IDENTIFICATION="ja_JP.utf8"

を追加

[root@centos66 ~]# reboot

yumリポジトリ登録、Vagrantユーザー作成、ssh設定

[root@centos66 ~]# curl -L -O http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
[root@centos66 ~]# curl -L -O http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm
[root@centos66 ~]# curl -L -O http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm
[root@centos66 ~]# rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm rpmforge-release-0.5.3-1.el6.rf.x86_64.rpm remi-release-6.rpm
[root@centos66 ~]# useradd -m vagrant
[root@centos66 ~]# passwd vagrant
* パスワードを決めてを入力
[root@centos66 ~]# mkdir /home/vagrant/.ssh
[root@centos66 ~]# chmod 700 /home/vagrant/.ssh
[root@centos66 ~]# cd /home/vagrant/.ssh
[root@centos66 .ssh]# curl -k -L -o authorized_keys 'https://raw.github.com/mitchellh/vagrant/master/keys/vagrant.pub'
[root@centos66 .ssh]# chmod 600 /home/vagrant/.ssh/authorized_keys
[root@centos66 .ssh]# chown -R vagrant.vagrant /home/vagrant/.ssh
[root@centos66 .ssh]# visudo
- Defaults requiretty
+ # Defaults requiretty
- # %wheel ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
+ vagrant ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
[root@centos66 .ssh]# su - vagrant
[vagrant@centos66 ~]$ sudo ls /root

必要なアップデート、インストール、設定

[vagrant@centos66 ~]$ exit
[root@centos66 .ssh]# cd
[root@centos66 ~]# yum -y update
[root@centos66 ~]# reboot

[root@centos66 ~]# yum -y groupinstall "Development Tools"
[root@centos66 ~]# yum -y install man man-pages-ja
[root@centos66 ~]# yum -y remove git-1.7.1-3.el6_4.1.x86_64 perl-Git-1.7.1-3.el6_4.1.noarch
[root@centos66 ~]# yum -y --enablerepo=rpmforge-extras install git
[root@centos66 ~]# vi /etc/sysconfig/selinux
- SELINUX=enforcing
+ SELINUX=disabled
[root@centos66 ~]# service iptables stop
[root@centos66 ~]# service ip6tables stop
[root@centos66 ~]# chkconfig iptables off
[root@centos66 ~]# chkconfig ip6tables off

VirtualBox Guest Additionsインストール

Devices > Insert Guest Additions CD image … をメニューから選択

[root@centos66 ~]# mkdir /media/cdrom
[root@centos66 ~]# mount -r /dev/cdrom /media/cdrom
[root@centos66 ~]# sh /media/cdrom/VBoxLinuxAdditions.run
[root@centos66 ~]# umount /media/cdrom

Devices > CD/DVD Devices > Remove disk from virtual drive をメニューから選択

ネットワークデバイスエラー回避

[root@centos66 ~]# rm /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules
[root@centos66 ~]# rm -rf /dev/.udev/
[root@centos66 ~]# rm /lib/udev/rules.d/75-persistent-net-generator.rules

box作成のための最適化

[root@centos66 ~]# yum clean all
[root@centos66 ~]# dd if=/dev/zero of=/EMPTY bs=1M
[root@centos66 ~]# rm -f /EMPTY
[root@centos66 ~]# shutdown -h now

Mac(ホスト)からの接続設定を削除

Devices > Network > Network Settings… を選択
Adaptor 1の Port Forwardingをクリック
作成した項目をクリックしてDelキーを押して削除。その後下部のOKボタンを押す。
設定画面のOKボタンを押す。
以上でboxの作成準備が完了。

Boxの作成と使用

$ vagrant package --base CentOS66 --output centos66-20150531.box

Boxのサイズは458MB

VagrantにBoxを登録

$ vagrant box add --name CentOS-6.6-x86_64-minimal-ja-20150531 centos66-20150531.box
$ vagrant box list
CentOS-6.6-x86_64-minimal-ja-20150531 (virtualbox, 0)

Vagrantで使えるか確認

$ vagrant init CentOS-6.6-x86_64-minimal-ja-20150531
$ vagrant up
$ vagrant ssh

終了!

Mac VMware Fusion – CentOS 6.3にAlfresco最速構築(35分)

目的:文書管理システムとしてのAlfrescoを試す環境を作る。
副目的1:何度でも気軽に環境再構築したい

背景:通常の共有フォルダで複数の人が文書をやり取りする際にどれが最新バージョンか分からなくなったり、不用意に文書が移動・削除される可能性があるが、いつ何が起きたか分かりづらい。削除や移動の履歴も取れるように文書のバージョン管理をしたい。代表的なものはMicrosoft SharePointだがベンダーロックインされたくないのでオープンソースを探してみたところAlfrescoコミュニティーバージョンが一番良さそう。先ずは使い勝手を試すために仮想環境に設定。

Mac上のVMWare FusionにCentOS 6.3 + Alfresco Community 4.2bをインストールするまで。

VMWare Version, 5.0.1
CentOS 6.3 64bit版
Alfresco Community, Version 4.2b

さあ、どれぐらい時間がかかるか。

先ず、CentOSをダウンロード。フルパッケージは合計5.4GBと大きいので、200MBと一番小さくて済むネットインストール版をダウンロード
http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/packages/CentOS/6.3/isos/x86_64/

CentOS-6.3-x86_64-etinstall.iso      06-Jul-2012 19:14  200M

これをダウンロード(30秒)

VMWare Fusionを起動し、ファイル > 新規作成…を選択して新たなVirtual Machineを作成
“ディスクを使用せずに実行”を選択
“ディスクまたはディスクイメージを選択…”をクリック
先程ダウンロードした”CentOS-6.3-x86_64-netinstall.iso”を選択
Linux, CentOS(64ビット)を選択
ファイル名はそのまま

起動したらそのままReturm
メディアのテスト→スキップ(カーソルキーとReturnキーで選択・決定)
言語選択→英語のままでOK(日本語選んでもどのみち日本語表示されない)
キーボード→US(キーボードが日本語版の人はJP106を選択)
インストール方法→URL
IPの設定→そのまま
URLの入力→

ftp://ftp.riken.jp/Linux/centos/6.3/os/x86_64/

と頑張って打ち込む
基本ストレージデバイス
上書きの確認画面で「はい。含まれていません。どのようなデータであっても破棄してください。」を選択
ホスト名→そのまま
タイムゾーンの設定画面→そのまま
rootのパスワード→自分なりに決めて入力する。弱いパスワードの場合は注意されるが無視。
パーティション設定画面→「Use All Space」を選択
フォーマット確認画面→「Write changes to disk」を選択
インストール構成の選択画面→デフォルトのまま(Minimal)→ここで5分程かかる
CentOSのインストールの完了。「再起動」のボタンをクリックし再起動
再起動終了。ここまで11分。

ここから先は日本語表示させたり、コピペが出来るようにするためにMacのTerminalからCent OSにtelnet接続できるようにする。
後でwgetも必要なのでtelnet-serverとwgetをインストール

yum -y install telnet-server wget

インストール直後はサービスが無効。その箇所を解除するため disable = yesをnoに書き換える。
(viエディタの使い方:閲覧モードでのhjklキーがそれぞれ←↓↑→というカーソル移動。xでカーソル場所の一文字削除。iで挿入モードに入って文字を打ち込み、ESCで挿入モードを抜けて:wqでファイル更新(w)、終了(q))

vi /etc/xinetd.d/telnet
- disable = yes
+ disable = no

ユーザーを作成し、パスワードを設定してメモしておく(ここでは仮にtoshというユーザー名にする)。更に外からアクセスできるように(NATなので大丈夫でしょう)。

useradd tosh
passwd tosh
chkconfig --level 2345 iptables off

ifconfigで表示されるip addressをメモ(仮に172.16.203.128だったとする)し、システムをアップデート(ここで3分ほどかかる)。

ifconfig
yum -y update

カーネルもupdateされるので再起動

reboot

MacのTerminalを起動し、先程作ったユーザー名(ここではtosh)で先程メモしたアドレス(ここでは172.16.203.128)に接続しPasswordを聞かれるので先程passwdで作ったパスワードを入力。

telnet -8 -l tosh 172.16.203.128

これでMacのTerminal上で操作できるのでコピぺもし放題、日本語も正常に表示される。
下記をそのままTerminalにコピペすれば上手く行くはずです。TABキーを使った文字補完を上手く使えば長いファイル名も楽です。
例えばchmod +x aと打ってTABキーを押せば後は補完されます。
su -でルートに入り、Alfrescoのインストーラをダウンロードし、実行権限を与え、実行します。

[tosh@localhost ~]$ su -
Password: 
[root@localhost src]# wget http://dl.alfresco.com/release/community/build-04480/alfresco-community-4.2.b-installer-linux-x64.bin
[root@localhost src]# chmod +x alfresco-community-4.2.b-installer-linux-x64.bin 
[root@localhost src]# ./alfresco-community-4.2.b-installer-linux-x64.bin

Alfrescoのインストールが始まります。
インストール言語の選択→[6]日本語を選択, 6を押してEnter
メモリが足りないと出てくるが無視して[Enter]
インストールの種類→[1]簡易を選択, 1を押してEnter
インストール先フォルダ→デフォルトのまま
管理者パスワード→設定してメモしておく
サービスとしてインストール→yを押してEnter
続けますか→yを押してEnter

ここで7分ぐらいかかる。100%に達してから結構待たされるのでゆっくり待つ

ブラウザから先程ifconfigでメモしたCentOSのipアドレスにポート番号8080でshareフォルダに

http://172.16.203.128:8080/share

としてアクセス。
初回アクセス時は何故かえらく待たされる(5分!)
ログイン画面が出れば成功!

以上35分!

ログイン画面が出るのでadminと入力し
先程設定したパスワードでログイン

出来上がったVirtual Machineのサイズは4.67GB

日本語の書籍はあまり見当たらず。

オープンソース徹底活用 Alfrescoによるドキュメント管理入門

奥野 章人 (著)

参考:文書管理システムとして使うのに必要な使い方。
1. ユーザーとグループの設定方法
2. 文書を入れておくフォルダーの2つの設定方法(レポジトリとサイト)
3. デスクトップに読み取り専用の共有フォルダとして表示する方法(FTPとCIFS/SMB)
4. Alfresco上のバージョン管理されたファイルを直接Word, Excel, Powerpointで読み書きする(オンライン編集機能)
5. メール送信設定

Good Luck!