Google Mapと引数、Google Calendarとの連携

ありそうであまり説明が無いのが、検索モードでdriving directionを一発で記入する方法

そもそもアメリカの住所であれば番地、Street名、ZIPでほぼ場所は特定できる

もし
149 13th street, Boston, MA 02129であれば
「149 13th 02129」
で検索可能

100 Huntington Avenue, Boston, MA 02116などでは
「100 huntington 02116」では一意に決まらないので、ちょっと情報を足してやる
「100 huntington ma 02116」でOK

Driving directionであれば「from:」「to:」を付ければOK
「from: 149 13th 02129 to: 100 huntington ma 02116」

通過点の指定も「to:」を通過する順に追加していくだけでOK
「from: 149 13th 02129 to: 100 huntington ma 02116 to: 400 brookline 02215」
これで149 13th→100 Huntington→400 Brooklineという道順が表示される。

この表記が便利なのはGoogle CalendarにMap情報を書き込むとき。
Driving Directionを入れて置くようにすれば後でもう一度そこに行くときにCalendar上で検索してPrintoutで終わり。

ちなみにHybridの地図を画面最大限でカラープリントアウトしたいことが多い。その場合は
Printoutしたい画面を出した後にFirefoxであれば「F11」で全画面表示し、
「Alt」+「Print Screen」でクリップボードにコピー
後は適当なグラフィックツールでPrint Outすれば良いが私の環境では
Start > All Programs > Microsoft Office Tool > Microsoft Photo Editor
がデフォルトでインストールされているのでそれを利用している。

Microsoft Photo Editorを起動しEdit > Paste as New Image ([Alt]+[E]+[N])で表示させる
後はカラープリンタを指定し、LandscapeにしFit to Pageというチェックボックスを付け直すと用紙一杯一杯に拡大・縮小して印刷される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA